挽 歌(ばんか)

2011年8月7日

一滴徒然草画像

3日から渡辺淳展のⅡ期が始まりました。展示作品の中に「挽歌」というタイトルの作品があります。「渡辺淳展」のイメージ画として、ポスターやチラシに使用した作品です。
渡辺淳氏は、この絵に深い思い出があります。当時、作家として有名になっていた水上勉が、渡辺淳氏の自宅に突然訪ねて来られ「今度出る本の装幀をやってもらえんか」と頼まれたそうです。その時に、ちょうど描かれていた作品が「挽歌」だったそうです。その後、水上作品の装丁・挿絵をたくさん手掛けられることとなりました。
是非、この機会に福井県を代表する画家渡辺淳の作品をご覧下さい。(T)

挽歌(ばんか)には、人の死を悼む詩歌。哀悼(あいとう) 歌。といった意味があります。