枇杷

2011年5月27日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 枇杷の実を見ていて、水上勉が地元の大島枇杷のことを書いていたことを思い出しました。「若狭海辺だより」の-大島半島から-の中に書かれています。読んでいくと、大島半島から出た有名な禅僧のこと、一滴の水の思想のことに繋がっていくのですが、なぜか枇杷の印象が強く残っています。氏は美味しくない枇杷だったといって言っていますが、私の記憶にはあまく美味しい味の記憶が残っています。
 文庫のこの枇杷は、鳥や猿の餌となり、口にすることはできませんが、町の公園などで誰にも取られず黄色く熟しているのをみかけます。スーパーでかごに盛られていないと気づかないのでしょうか。これも時代と割り切るにはちょっと悲しいです。(U)