「渡辺 淳展」始まる

2011年5月12日

一滴徒然草画像

連日大雨が降り、気温も上がってきているので湿度が高くなり、ジメジメしています。
昨日から「渡辺 淳展」が本館1Fの企画展示室で始まりました。地元の画家 渡辺淳氏は、水上勉作品の装丁画や挿絵を手掛けられたことで知られていますが、今回の企画展は、氏が生涯のライフワークとして描いてこられた炭窯、佐分利川、草むら、おおい町の自然豊かな山河等の作品を中心に展示しています。氏特有の重厚なマチエールの作品群は見応えがあります。
この機会に是非、一滴文庫に足を延ばし、おおい町を代表する画家渡辺淳氏の作品をご覧になって下さい。(T)