4月2011

ヤマブキ

2011年4月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 お客様で賑わったGWの2日目ですが、外へ出ると生暖かく突風が吹き荒れ、中へ入ると寒くて、どこかではヒョウが降ったとか。そんな変な1日でも、山吹の黄色い花を見れば、少しは気持ちも晴れるもの。最近見た新聞の片隅に「七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき」の一句が、ひとコマ漫画であったのを思い出しました。大田道灌の山吹伝説なるものですが、山吹を見ても山吹色しか浮かびません。(U)

 紅葉の新芽

2011年4月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

寒かったり、暖かかったりとシャツを半袖にしようか、もうしばらく長袖でいようかと悩むところです。
一滴文庫の主となったアナグマが突如出現、堂々と目の前を横切り食料のミミズをせっせと探していました。
本館前の紅葉が、小さな赤い房をいっぱい付けました。新芽のようです。庭の植物達が、季節の移り変わりを教えてくれます。(T)

ねこ

2011年4月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 開館前のひと時、猫が一匹。職員募集中、猫の手、いや、足を貸してくれるというのでしょうか。じっとこちらを見つめていました。ちょっと目つきは悪いですが、猫も見かけによらぬもの。そのやさしげな姿にアナグマとは違う癒しを感じました。(U)

遠足で

2011年4月27日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 今日は隣町の小中学校の生徒さんが、遠足で文庫を訪れてくれました。小学生のみんなは、記念撮影のあと、きのこの森へと出発しましたが、中学生のみんなは、じっくりと文庫見学してからきのこの森へと出発していきました。初めての見学らしく興味津々で、竹人形館での、壁の頭に笑った顔がないですねとの指摘には、ドキッとしました。おかめやひょっとこの頭はあるんですが、確かにないんですね。子どもたちのような屈託のない笑顔が。当たり前に慣れてしまった身を目覚めさせてくれるのはやっぱり子どもたちですね。

 ドウダンツツジ(燈台躑躅 ツツジ科)

2011年4月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

小雨の降る寒い一日でした。
六角堂(お休処)脇に生えるドウダンツツジが花をつけたと聞いて、写してきました。
ドウダンツツジの花は、白く小さな釣鐘状で、馬酔木に似ていて言われなかったら気づきもしませんでした。来館の折には探してみて下さい。

5月21日(土)、22日(日)に一滴文庫くるま椅子劇場で、若州人形座公演「はなれ瞽女おりん」を開催します。恒例の看板を設置しました。
水上先生の代表作「はなれ瞽女おりん」は、公演回数も多く完成度の高い作品です。来場者を感動させること間違いありません。お待ちしております。(T)

サクラサク

2011年4月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 染井吉野が葉桜なり、紅枝垂れが散り始めた頃、文庫ではまだまだ桜の開花が続きます。霞桜(と思っています)がポツリポツリと花を付けました。小さな白い花で、長屋門の瓦屋根越しに満開になるとその名のごとく霞が浮かんでいるように見えます。次はウワミズザクラ(上溝桜)も控えています。うれしい毎日が続きます。(U)

美しい大島

2011年4月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

先日、2011年若州一滴文庫企画「渡辺淳展」のポスター、チラシを配布しに、旧大飯町を回り、大島に行った時の写真です。
当日は暖かく、カモメも防波堤でのんびりと日向ぼっこ、街道の桜は満開で散った花弁が道路をピンク色に染めていました。青戸大橋の中腹から眺める青葉山は絶景でした。(T)

やって来ました。

2011年4月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 アナグマ君のお出ましです。庭のあちこちを穴ぼこだらけにして迷惑なやつですが、お尻振り振り歩く姿は、見ていて飽きません。あんまり警戒心のないやつで、人目も気にせず庭を徘徊しています。(U)

大飯中学校1年生60名が来館

2011年4月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

たいへん好いお天気の一日でした。桜もだいぶ散って所々葉っぱを覗かせています。
午後から大飯中学校の1年生60名が、写生のために来館されました。
最初、文庫紹介ビデオをくるま椅子劇場で視聴しました。次に、本館で「一滴文庫収蔵品展」の展示を見学。それから庭に出て、写生が始まりました。みなさん思い思いの場所に座って一滴文庫を熱心に描いていました。色々な植物が春の花を咲かせ、庭がとても綺麗な時期です。一滴文庫に来た好い思い出にして欲しいです。(T)

キビタキ

2011年4月20日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 切り取ったヤツデの葉の影に小鳥が1羽横たわっていました。黄色とオレンジ色が鮮やかです。キビタキの雄のようですが、また壁にでもぶつかって気絶しているのかと、葉の上に寝かせてやりましたが、どうやら亡くなっているようです。手に取るとまだ暖かく、今にも起き上がってきそうなのに。どこからか悲しげな鳴き声が聞こえてきました。(U)