2月2011

柊南天

2011年2月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

豪雪を乗り越えた柊南天(ヒイラギナンテン)がつぼみを付けました。冬に赤銅色になる部分が紅葉したように見えるメギ科の植物ですが雪の下でもしっかりと耐えました。間もなく黄色い花が開くでしょう。(M)

新刊図書のご紹介『おどって!ウズメ』

2011年2月27日

一滴徒然草画像

『おどって!ウズメ』(2011年2月15日)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

ウズメは、うたっておどる以外なにもできない神さまです。ほんとうに、ただそこにいるだけの神さまなのです。けれども村人たちにとても愛されていました。ウズメは、夜通し、全身でうたい、おどりました。魚まねきのおどりです。不漁がつづく海人たちの村に魚がやってくることを、ウズメは心の底からねがっていました――。

本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。
陽射しの暖かい快適な一日でした。県外からのお客様が乗用車で訪れ賑わいました。(T)

続マンサク

2011年2月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 先日新聞に、若狭の山の中で見つかった白いマンサクの花の写真が載っていました。新種だとのことで、場所は定かではありませんが、見に行けるようになる日が来ることを願っています。
 ところで、文庫でも先週満開の黄色いマンサクの花を紹介しましたが、もう一本、六角堂の前にある小さなマンサクの木、少し黄色が濃いようです。ニシキマンサクに似ているようなないような。マンサクはマンサクで済ませてしまうのもかわいそうなので本名が知りたいです。(U)

梅の開花はじまる

2011年2月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

朝から良いお天気で、数日前よりも気温がずいぶん上がってきました。
沢山つけた梅の蕾が、暖かい陽射を浴びてポツリポツリと咲き始めました。(T)

ワビスケ

2011年2月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

文庫の庭に椿やサザンカが多いことはすでにご存知と思います。なかでもワビスケは気になる椿です。今年は本当にたくさんの花を付けました。盛りは過ぎたようですがまだまだ咲いています。是非一度ご覧になって下さい。(M)

がまんもこれまで

2011年2月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 サルスベリの木の幹が、二つに裂けてしまいました。裂けた向うに空が見えます。たくさんの庭の木の枝が、雪の重みで折れてしまいましたが、裂けてしまうとは。これもサルスベリの強靭な性質からなんでしょうか。このままにしておくのも忍びないので、下から支えを入れてあげました。人間のように治療できればいいのですが。切ってあげるしかないのでしょうね。(U)

蕗の薹(フキノトウ)

2011年2月20日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

庭の雪がほとんど融けて、茶色かった地面から苔や雑草が生きをふき返し始めました。この時期になると春の風物詩「蕗の薹」を思い起こしますね。庭中を探し回って、やっとフキノトウを2つ見つけました。
今年も幸ある春を迎えられそうです。(T)

春の兆し

2011年2月19日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

ご覧の通り庭の雪は随分と少なくなりました。今日は団体様やご家族お揃いのグループ様などがお見えでした。少し春の気配がする文庫をゆっくりと散策されていました。(M)

美味し春

2011年2月18日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 黄色がひときわ鮮やかです。マンサクの花が満開なりました。シナマンサクが竹人形館の横で2本咲き揃っています。花もきれいですが、おいしそうと思うのは私だけでしょうか。決して甘党ではないのですが、こんな和菓子ありましたね。
 梅もちらほら咲いてきましたし、美味しい春はこちらに期待しましょう。(U)

馬酔木(アシビ ツツジ科)

2011年2月17日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

曇りがちなお天気でしたが雨も降らず、過ごし易い一日でした。
庭に生える蕾をいっぱいつけた馬酔木が、開花しはじめました。これから、この白い壺形の花が鈴生りになります。馬が酔う木と書くので、アルコールでも生成するのかと思っていたら、物の本によると、枝葉には有毒成分が含まれていて、煎じた葉は、殺虫剤として使われるとのことが書かれていました。見た目とは違った危険な植物ですね。(T)