1月2011

寒波

2011年1月31日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

今年最大の寒波の影響で、北陸地方は大雪となり大混乱となりました。ニュースやインターネットからそんな情報を知りました。
今朝の新聞は昼を過ぎても届かず、雪の影響とのことでした。ローカル線の小浜線も不通、北陸自動車道も渋滞、福井市の積雪は100センチを越えスコップを持つ住民の除雪作業風景をテレビで見て雪のおおさにびっくりしました。
 福井県嶺南地方の一滴文庫には、それほど積雪はありませんでしたが、朝はガチガチに凍りつき、雨樋からは長い氷柱が何本も並びました。新雪の上には動物たちの幾筋もの足跡がのび、寒波の中をさ迷い歩く動物たちの行動が想像できました。(T)

氷の芸術

2011年1月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 凍てつく朝、本館の鎖の雨樋が凍り付いていました。雪解け水が少しずつ滴り落ちるところを少しずつ凍らせて、氷の雨樋を作り上げたようです。それにただ凍らせただけではなく、中では水が流れ落ちているんですから、「お見事」と言うしかありません。寒い日ならではの光景です。(U)

無事で良かった。

2011年1月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

小鳥がガラス窓にぶつかり気絶してしまいました。しばらくは朦朧としていましたがしだいに正気にかえりまた元気よく飛び立ちました。(M)

水仙

2011年1月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

今日も朝から滾々と雪が降り続き、庭の松木庄吉作のライオン像は雪の帽子を被りっ放しです。
六角堂(お休み処)に季節の花、水仙が生けられていて、久しぶりに水仙特有の臭いを嗅ぎました。先日福井新聞には、今年の越前水仙祭りの開催期間や水仙娘の記事が掲載されていました。越前水仙祭りは30日(日)までとのことです。福井県の県花でもある水仙は雪降る寒い中でも凛と咲く強い花です。(T)

一滴文庫を学びましょう。

2011年1月27日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

 今日は雪模様の中、本郷小学校の4年生46人が一滴文庫の見学と竹紙すきの体験にやってきてくれました。冷たい水の中に手を入れて竹紙を漉くのは大変でしたが、世界でたった一つの竹紙ができるんですから、みんなの顔は真剣そのものでした。出来上がった竹紙を手にするときのみんなの笑顔が楽しみです。
 最後は雪の山に彫刻を刻んで文庫をあとにしてくれました。(U)

ぼたん雪

2011年1月26日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今日の雪はぼたん雪。多数の雪が結合してふわふわした塊状に成長した降雪で気温や湿度が高い時に降りやすいとのこと。また、雪が白いのは一つ一つは透明の結晶ですが多くの空気を含んでいます。ここに光が入ると乱反射効果で白く見えるのだそうです。(M)

梅のつぼみ膨らむ

2011年1月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

今朝はたいへん冷えこみ、文庫はどこもカチカチに凍っていました。水分を含んだ雪は凍り頑丈で歩けるほどでした、いつもより高い視線から文庫の景色を楽しむことができました。
1月も後半に入り、寒さも緩んできたのか日当たりの良い場所の梅ノ木が、蕾を膨らませ始め、枝先がポコポコになっていました。春になったら花びらを開かせようと、蓄えたエネルギーを蕾に変えているようでした。(T)

みのむし

2011年1月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 劇場門の扉に蓑虫がくっついていました。今年の雪の多さを知っていたのか、雪にも当たらず居心地が良さそうです。門を開けても大丈夫ですので、このまま春まで見守ってやりましょう。(U)

狩猟

2011年1月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

今日は一日小雨が降りました。積もった雪が融けて水を含み、白く重い固まりとなって庭に点在しています。
お昼頃、文庫裏山に狩猟にきた三人の猟師さんが現れ、駐車場に狩猟犬を乗せた幌付きトラックが停まりました。狩猟犬はワンワンと吠えることもなくジッとこちらを見つめていました。帰り際に狩猟の成果を伺うと、鹿を見かけたけれど獲れなかったとのことでした。寒く雪深いこの時期は、狩猟のシーズンとのこと。(T)

お、重い

2011年1月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

昨夜からの雪もかなり積もりました。しかも、重くてご覧の通り竹をこれ程にまで撓らせます。弓なりになった竹はそれでも雪が落ちるとまた空に向かって立ち上がります。(M)