9月2010

ハギ

2010年9月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 文庫の庭でもようやく萩の花が咲き、六角堂のコスモスとともに秋を見ることができるようになりました。春の七草ほど有名ではありませんが、萩は秋の七草だそうです。春は「食」楽しむもの、秋は「見る」ことを楽しむもの、とのこと。なるほど、食べて楽しめることには勝てません。(U)

2010年9月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

朝日を受けて里山に虹がかかりました。暑かった夏も終わり秋風が吹いています。爽やかな秋空の下、自転車に乗って出かけてみませんか。(M)

虫の声

2010年9月27日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

気温が下がって涼しくなり、長袖にしようか半袖にしようか迷います。
つい先日まで蝉がジージー、ミンミン、カナカナカナ、と庭で鳴いていたのに聞こえなくなりました。替わってコオロギやキリギリスなどのバッタたちが鳴きだしました。
地面すれすれで鳴くコオロギや草むらの中から聞こえてくるキリギリスの鳴声はどちらも涼しげで、心落ち着きます。(T)

天高く

2010年9月26日

一滴徒然草画像

 秋の空に赤とんぼ、柿の実。澄んだ風が文庫の庭を通り過ぎていきます。絵筆を取りたくなるような風景ですが、絵心のないものにとっては、取りたいのは柿の実のほうです。深まる秋に食への思いも深まります。(U)

新刊図書のご紹介『おとうと』、『空とぶ太陽の神ヒルコ』

2010年9月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

児童書2点―『おとうと』(2010年9月15日刊)、『空とぶ太陽の神ヒルコ』(2010年9月15日刊)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

最初の『おとうと』は、はじめて学校へ行く朝。はりきってみせるが不安でいっぱいの弟・てつろうに、姉の吟子は学校での「お楽しみ」を話す。それは、給食のあとの休み時間、春はおにごっこ、夏は虫とり、秋は枯れ葉のじゅうたん、冬は雪合戦。それでも勉強があるからいやだというてつろうに、姉の吟子は――。映画「おとうと」から生まれた2冊目の絵本。    

2冊目、『空とぶ太陽の神ヒルコ』は、村の太陽神・ヒルコは、毎日あたらしい朝をつれてやってきます。ヒルコが光をそそぐと、海人の村の一日がはじまるのです。ところが、ある朝のこと、気味の悪いうなり声が、海のはてからわき上がりました。島をうばいにやってきた黒雲の魔王。「あらそいは、このまぬ」ヒルコは両手をひろげてたちふさがりました――。淡路島に伝わるいにしえの太陽の神さま、ヒルコのお話しです。

2点の絵本は本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひご一読ください。(T)

生き延びる

2010年9月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

このところの雨で庭の木々が生き返って来ました。夏の猛暑で枯れたと思った樹木がほとんどの葉を茶色にさせながらもわずかに緑の葉を残しています。生き延びるために枝先を枯らして本体を守ったのです。過酷な環境に負けずに生きようとする力には驚きです。(M)

実りの秋とは

2010年9月23日

一滴徒然草画像

 朝からの強い雨で気温もグッと下がり、外は肌寒いくらいでした。ようやくいろんな秋を楽しめそうと庭の木の実を物色しましたが、木瓜の実が3個ばかり大きくなっているだけでした。夏の暑さで実まで守りきれなかったのでしょうか。取るのにはちょっと気が引けるので、昨年の分で1年乗り切りますか。(U)

紅葉の種

2010年9月22日

一滴徒然草画像

夕方、土砂降りの雨が降りました。夏も終わり、庭の木々が様々な種をつけています。
写真は、庭の紅葉の種でプロペラ型をしています。よく飛んでいきそうですね。 (T)

彼岸花

2010年9月20日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

文庫の庭に彼岸花が芽を出しました。毎年決まってここに咲きます。この花を見ると秋は駆け足で近付きます。(M)

最終日

2010年9月19日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 竹人形公演終了後の風景です。最終日も大盛況のうちに無事終了することができました。感動を胸に携えて、お帰りには地元の特産品を手に携えて、心もお腹も満たしていただけたものと思いました。またお会いできますように。(U)