7月2010

蝉の穴

2010年7月31日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

昨夜雨が降ったこともあり、大変蒸し暑い一日でした。
木々の根元には無数の蝉の穴が空いていて、孵った蝉の数を想像させてくれます。庭のあらゆる所に抜け殻がくっ付いています。その中には、ずっとお友達の蝉や、脱皮に失敗して蟻の餌食になった蝉などもいて時々自然界の厳しさを目にする事もあります。
暑い夏には欠かせない蝉たちです。(T)

フジ

2010年7月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 新聞の「一滴水」なるコラムに季節はずれに咲いた藤の花が載っていましたが、「一滴文庫」でも藤の花が咲きました。真夏に咲くのを見たのは初めてですが、眺めていると暑さも和らぐ気分になります。今なら花とさやがいっしょに楽しめます。(U)

アマガエル

2010年7月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

強い夏の日差しの毎日で干乾びそうでしたが、昨夜頃から時折パラパラと小雨が降り、曇り空のお天気になってホッと一息。朝方、身を潜めていた庭のアマガエル達が、雨の匂いを嗅いで姿を現しました。(T)

おやっ。これは何だ。

2010年7月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

黒竹の葉がまるでちまきのように包んであります。よく見ると細い糸が巻かれています。どうやら蜘蛛の糸のようです。なかに何が入れてあるのでしょうか。そっと包みを解いてみたら小さな卵のようなものがありました。ここにも自然と共生する命を見つけました(M)

青空に向かって

2010年7月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 百日紅がほんのりと紅い蕾をつけ始めました。天にも届けとばかりに伸びた枝先に紅い花が咲くのももうすぐのようです。
 秋の竹人形公演では「五番町夕霧楼」が上演されますが、夕子の故郷の百日紅はもう咲いているのでしょうか。(U)

ウワミズザクラ(上溝桜)の実

2010年7月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今日も朝から日差しが強く室内温度計を見ると30℃もありました。庭に打水をしましたが、あまり効果も無くすぐ乾いていました。
劇場玄関前にあるウワミズザクラ(バラ科)の実が紅く熟れ、ヒヨドリやメジロといった小鳥が、ひっきりなしに啄ばみに来ていました。よほど美味しいのだと思い、いつもの植物辞典をひも解くと、新潟では若い果実(緑色の時)を果実酒にしたものを「あんにんご酒」と呼んで珍重したりするのだと書かれていました。
小鳥達は美味しいものをよく知っています。(T)

蝉しぐれ

2010年7月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

暑い日が続きます。樹木の葉っぱの裏は蝉の抜け殻がここにもあちらにもいっぱいあります。地上に出た七日間で子孫を残すために寸暇を惜しんで飛び回っています。人の一生とは比べようもありませんが忙しいのは分かります。(M)

中期「田島征彦型絵染展」始まる

2010年7月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

作品を全て入替えて、昨日の21日から中期「田島征彦型絵染世界展」を開催しています。
絵本『いたずらうさぎチュローチュ』の原画作品や型絵染作品、縦3メートル横2,5メートルのタペストリー、田島氏が若い頃描かれたシルクスクリーン(版画技法)の大作などを展示し大変見ごたえがあります。一滴文庫来館時にご覧下さい。(T)

ヒグラシ

2010年7月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 「今日も暑いですね~。」で始まる文庫の朝。この暑さにセミもまいったのか、文庫の園路でヒグラシを見つけました。あまり姿を見ることはありませんが、夏の夕暮れに文庫に響き渡る鳴き声は、疲れた身体に心地がいいものです。ヒグラシだけ鳴いてくれることできませんか。(U)

田島征彦氏講演会「土を喰う日々」

2010年7月19日

一滴徒然草画像

今日も猛暑、温度計はグングン上がりました。文庫では田島先生の講演会があり多くのお客様のご来場で賑わいました。多くの方が真夏の日差しの下でも文庫の庭に入ると何故かと涼しいとおっしゃいます。不思議ですね(M)