6月2010

青い柿の実

2010年6月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

雨が降ったり止んだりする日が続いていましたが、今日は朝からよい天気になりました。

文庫駐車場わきにある柿(田主丸)が、青々とした沢山の葉をつけて元気よさそうです。葉の下を覗いてみると、柿の形をした小さな青い実がいっぱいくっついていました。数日前に写した時はまだ花の状態でした。
今年も美味しい柿にありつけそうで嬉しいです。(T)

ホタル

2010年6月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 文庫に蛍がやってきました。ゲンジボタルですが、久しぶりにお目にかかったような気がします。先日、家の玄関でも一匹の蛍が光っているのを見つけましたが、じっと見ていても飽きることのない、なんともいえない輝きでした。
 東日本の蛍は4秒間隔で発光するはずが、2秒間隔の西日本型になってきているのだとか。人間が蛍祭りや蛍鑑賞といって人工的に集めて増やしたのが原因のようです。自然の水がきれいな場所はまだまだ少ないようです。(U)

黒竹

2010年6月27日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

黒竹が今年も生え揃いました。今は緑ですがもうすぐ黒に変わります。趣があり見ていて飽きない黒竹です。枝にトンボが止まりました」。竹と区別がつかないほどに景色に溶け込んでいます。(M)

トノサマガエル

2010年6月26日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

毎日湿度が高くジメジメしているのでうっとうしい気分になります。でも、こんな時期に植物や昆虫は生長するようで、剪定されて整っていた庭木もいつの間にやらボサボサになりました。竹紙工房の水貯めには、ボウフラがうじゃうじゃ繁殖していました。その中に驚いたトノサマガエルがダイビング。活きの好い餌が沢山いてご満悦なのか、気持ち悪いのか、二匹のトノサマガエルは固まっていました。(T)

蕾つきました

2010年6月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

 アンネのバラに蕾がつきました。今年もひとつだけですが、新しい芽が元気に育ち、枝葉も大きくなりました。踏まれ、切られ、折られの災難から守った甲斐がありました。今年はどんな色を見せてくれるのか楽しみです。(U)
 写真中が昨年、写真右が一昨年のバラです。

銀盃草(ギンパイソウ)

2010年6月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

六角堂の花壇の脇に変わった白い花が咲いているのを見つけました。六角堂スタッフに聞いてみた所、銀盃草(ギンパイソウ)という名前とのこと。
調べてみるとアルゼンチン原産でナス科の多年草、別名をニーレンベルギアというそうです。和名はギンサカズキ。
アルゼンチン出身の可愛らしい花が、一滴文庫の庭に根をはって咲いているのを見て、花たちのグローバル化を感じました。(T)

生き物の連鎖

2010年6月23日

一滴徒然草画像

水溜まりにボウフラが湧き蚊を好物にするカエルがいたるところにいてそれを狙う蛇はよく出るしタヌキやアライグマ、アナグマは昼間から堂々と歩き回ります。上を見上げれば屋根や木の上に猿がこちらを見下ろしています。朝夕には鹿の声も聞きます。休耕田の茂みから雉が飛び出し時にはイノシシに出くわします。知り合いの方が試しに小さい籠を持ってきて下さいました。いろいろと制約があるそうですが仕掛けに効き目はあるのでしょうか。(M)

まねかザル客

2010年6月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 劇場舞台には人影ならぬ猿影。竹林を背景に何を思うのでしょうか。
 本館屋根からは人の視線ならぬ猿の視線。じっと見つめて何を思うのでしょうか。
 文庫の佇まい、少しは感じてくれているのでしょうか。(U)

新刊図書のご紹介「ラッコ」

2010年6月20日

一滴徒然草画像

北国の野生動物シリーズ「ラッコ」(10年6月5日刊)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

著者撮影のすばらしい写真と文章でラッコの生態を紹介した本です。
人気者のラッコは、もともと日本ではほとんど見ることの出来ない動物でしたが、北海道の海にやってきているそうです。2頭ならんで泳いだり、コンブのベットで寝たりをはじめ、やわらかい体や岩の上でのこうら干しなど、めずらしい野生の愛らしい姿がいっぱい。もちろんお腹の上で貝やウニをわって食べるおなじみの姿も紹介する写真絵本でした。
本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひご一読ください。

今日も蒸し暑い一日となりました。午後からマイカーでのお客様が入替り立代りお越しになり賑わいました。(T)

梅雨の晴れ間に

2010年6月19日

一滴徒然草画像

花から花へとせっせと蜜を集めているのはミツバチです。梅雨の晴れ間をせわしなく飛び回ります。明日は又雨になるかも知れません。今日のうちにできる限りと頑張っているようにも見えます。一生懸命に働くことをミツバチに教えられます。(M)