11月2009

新刊図書のご紹介『野心あらためず』

2009年11月19日

一滴徒然草画像

『野心あらためず』(09年11月10日刊)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

八世紀の日高見国(現在の宮城・岩手県)のお話で、百年にも渡り、大和朝廷と戦いつづけた古代東北の人びとを描いていました。
アビ(主人公)の父・シラスは大和朝廷に服従しないため、豪族・道嶋一族により命を奪われました。アビは、流刑地・土佐から逃亡し、夢にみた祖国へともどるのですが――。
野間児童文芸賞を受賞した歴史ロマンの大作です。

本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひご一読ください。(T)

もう冬ですか。

2009年11月18日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

とても寒い一日となりました。ご覧の通り木々はすっかり冬支度です。夕方近くになっても雨は上がりません。明日は晴れになってくれるでしょうか。(M)

おすそ分け

2009年11月16日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 こんなおいしい柿,小鳥たちにも食べさせたい。その思いから、せっかく収穫した柿を梅の木に付け、小鳥たちにおすそ分けしてくれました。願いどおり、おいしそうについばんでくれて、ひと安心のようです。朝一番、六角堂からほっとする風景に出会えます。(U)

関西文化の日

2009年11月15日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

寒くなってきました。庭の赤い椿や白い山茶花が満開で大変綺麗です。近づくと蜜を求めてきた虫たちがブンブンと羽音を鳴らしていました。人形館前の銀杏が地面を黄色く染めていました。植物たちがつくりだした鮮やかな色を楽しむ事ができます。

昨日、今日と若州一滴文庫は、「関西文化の日」(関西一円の約400施設の文化施設が入館無料)に参加しました。今日は朝から沢山のお客様がお越し下さいました。(T)

笑顔を忘れないで。

2009年11月14日

一滴徒然草画像

朝を迎えるたびに梢の先が裸になって行きます。雨と風の仕業です。もう少し秋の彩りを楽しませて欲しいのですが・・。先日、文庫に来て頂いたお客様から絵葉書を頂戴しました。かわいい笑顔で花を摘むのはアフガニスタンの子供です。世界が平和で希望のある未来にしなければなりませんね。そのために私達が出来ることがあると思います。何が出来るのか、一緒に考えませんか。(M)

若狭本郷駅前に電飾

2009年11月13日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

おおい町若狭本郷駅前の広場に毎冬恒例となった電飾が設置されていました。毎年デザインが変わり楽しみな電飾です。今年はツリーが数本とトナカイさん、雪だるま、サンタさんが綺麗に光っていました。最近ではクリスマスが近づくと、おおい町のあちこちで我が家独自の楽しい電飾の光を見かけるようになってきました。
クリスマスもお正月ももうすぐです。いつの間にやら2009年(平成21年)が終わりに近づきつつあります。
来年は2010年(平成22年)の寅年です。(T)

紅葉

2009年11月12日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 ストーブが恋しい日が続き、庭のイロハモミジもようやく色づいてきました。昨年に比べ、紅葉も鮮やかです。紅く染まっていく様子を毎日眺められるのも贅沢なものです。(U)

強風

2009年11月11日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

昨日から天候が崩れました。今日は山登りに行く予定のお客様が変更して文庫を訪ねて下さいました。「人形館の入り口に落ちていた枯葉が印象的でした」、「ゆっくり見学が出来て本当に良かったです」と声を掛けて戴きました。強風は枯葉を落としましたが地面には晩秋が描けました。(M)

2009年11月9日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今年は前年に比べて、ご近所の柿が不作との事を聞きました。確かに昨年は鈴なりで、たくさん採れた柿の木の実はまばらのようです。
スーパーマーケットで形も色も大きさも申し分のない柿が店頭に並んでいるのをよく見かけますが、とても高くて驚きです。文庫の駐車場に生える柿の木(田主丸)がおいしそうな実をつけて食べ頃だったので採ってきました。水上先生に感謝しながら頂こうと思います。
秋は色々と美味しいものを口にする事ができて嬉しいです。(T)

カニ

2009年11月8日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 穏やかな日が続きます。天気がいい日は外に出たくなるのは人だけではないようで、サワガニが一匹やってきました。小さいなりにも立派なハサミで威嚇されました。こちらはグーで応戦です。(U)