10月2009

悩みのたね

2009年10月31日

一滴徒然草画像

 この時期、ちょっと困る虫がいます。うっかり触るとどうしようもなくくさい臭いを発します。オガムシ(カメムシ)です。臭いはすれども姿は見えず、と思ったら、窓の外でカマキリに捕まってました。天敵はいるんですね。
 このムシは農家にとっては害虫ですが、虫供養碑なるものがあるそうです。虫の被害に苦しめられた人々の思いが込められているようです。先日、靴下の中に潜り込まれ臭い思いをさせれましたが。(U)

大島

2009年10月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

先日、おおい町大島に行ってきました。
その日は、天候も好く海も穏やかで大変気持ちの良い一日でした。漁港には何隻ものイカ釣り漁船が停泊し、漁師の人達が網の手入れをしているのを見かけました。
道中、大島原子力発電所ピーアールセンター「おおいり館」に寄った所、壁面に巨大な「さつまいも」の絵が掲げられており目にとまりました。キャプションには、第15回おおいり館フォトキャンバス原画コンテスト最優秀賞「さつまいも」佐分利保育園4歳児との事が記されておりました。こんなに迫力ある絵を4歳の子供が描いた事に驚き、しばらく眺めていました。
秋晴れの天気のもと、ふと焼き芋が食べたいなと思ってしまいました。(T)

「椿」が咲きました。

2009年10月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

文庫の庭はたくさんの「椿」があります。小さくひっそりと咲くものやバラか牡丹に見間違えるほどの花をつけるものまで20種類を超える木があります。今年はまだ暖かいのに花をつけました。(M)

ジョウビタキ

2009年10月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 秋も深まり、小鳥のさえずりが日ごと賑やかになっているように感じます。中でもジョウビタキの姿をよく目にします。事務所に飛び込むほどですから、文庫の庭が一番のお気に入りなんでしょう。風見鶏にはちょっと小さいですが、六角堂の屋根のてっぺんがよく似合います。(U)

帰雁忌の会場を飾ったナナカマド(バラ科)

2009年10月26日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

一昨日は、くるま椅子劇場で帰雁忌が行なわれ劇団文化座代表の佐々木愛氏からすばらしい水上勉先生との思い出話を聞く事が出来ました。水上先生の意外な一面と、文章を書くためにどんな時でも怠らなかった下調べの様子を聞き、有名作家の努力を垣間見る事が出来ました。

帰雁忌の会場を潮恩院副住職鈴木元浩氏がすばらしい生花で飾って下さいました。
生花に使用した「ナナカマド」(バラ科)の落葉高木なのですが、真っ赤に紅葉した葉がとても印象的で、季節の変わり目を会場で感じとる事ができました。「ナナカマド」の名前の由来は、大変燃えにくく、7度かまどに入れても燃えないということから付けられたそうです。大自然の中から生れたすばらしい生きものを見た気がしました。(T)

[帰雁忌」を終えて

2009年10月25日

一滴徒然草画像

昨日は「帰雁忌」でした。佐々木愛さんのお話を伺っていると、水上先生の旺盛な好奇心やひたむきな創作意欲がよく伝わって来ました。もう一度、水上作品を読み直したいと何人もの人が口にされていました。福井新聞の記事を紹介します。(M)

明日は帰雁忌です。

2009年10月23日

一滴徒然草画像

 帰雁忌前日、毎年のことながら慌しい1日でした。講演会の講師の方も無事到着され、当日を楽しみに待つだけとなり、スタッフ一同ひと安心です。明日は晴れの予報です。来館をお待ちしています。
 準備の途中ですが、今年の会場の雰囲気をお伝えします。(U)

セイタカアワダチソウ

2009年10月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴文庫周辺の景色は、紅葉をはじめた木々が増えはじめ秋色になってきたことをかんじています。河川敷や田んぼの土手などは、セイタカアワダチソウとススキが占領しています。黄色いセイタカアワダチソウの花の黄色がとても鮮やかで目につきます。

一滴文庫くるまいす劇場では、明後日24日(土)に「帰雁忌」を行います。女優の佐々木愛氏が「水上先生と私」という演題で講演をされます。ご来場をお待ちしております。どうぞお越しください。入場は無料です。(T)

「看板」が新しくなりました。

2009年10月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

長い間ご不便をおかけしていましたが県道添いの「看板」が新しくなりました。これで、少し壊れていたのと入り口がわかり難いとの問題を解消できると思っています。「帰雁忌」に間に合わせて戴き、ご来館されるお客様に少しでもお役に立てればと関係者一同喜んでいます。(M)

空を見上げて

2009年10月19日

一滴徒然草画像

 毎日、空を見上げては心配してます。大きな実で枝が折れそうです。台風には持ちこたえましたが、黄色くなるにつれ、枝の位置が下がってきてます。実る数の少ない貴重な文庫産のカリン、どうぞこのまま熟しますように。梅、杏はおいしくできました。秋の楽しみをぜひ分けてください。(U)