新刊図書のご紹介『わたしは日本軍「慰安婦」だった』

2009年9月6日

一滴徒然草画像

『わたしは「日本軍慰安婦」だった』を版元の新日本出版社よりご寄贈いただきました。
日本人にとって韓国は、「近くて遠い国」といわれてきました。しかし、今日では、韓流ドラマやスポーツなどを通して韓国は日常生活の中に溶け込んでいます。耳障りのいいものだけを聞いて知ったつもりになってはいますが戦争の名のもとに拭い去ることの出来ない過去が存在したことを果たしてどれほどの人が知っているでしょうか。深く考えさせられる一冊でした。
本館図書室にあります。お立ちよりの際に是非ご一読下さい。(M)