穴掘る蜂

2009年8月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

田んぼでは稲刈りがはじまりました。コオロギの鳴く声も聞こえはじめています。

庭で面白い昆虫を発見しました。苗木のような柿の木の根元に蜂が穴を掘っていました。穴から土を何度も何度も運び出す作業をしています。いつものようにものの本で調べてみると、ジガバチ(似我蜂)という仲間の蜂だそうです。この種類の蜂は「狩り」をすることで知られています。

食料にする生きた獲物に毒針で毒を注入し、行動不能にさせるそうです。生かしておくのは腐らないようにするためで、その後、巣(幼虫室と呼ぶ)を作って獲物を運び入れ、卵を一つ産みつけるのだそうです。

ジガバチの名はその羽音に由来し、虫をつかまえて穴に埋め、似我似我(じがじが、我に似よ)と言っているとの伝承に基づくそうです。このように唱えると、埋めた虫がハチの姿になるといういわれからだそうです。(T)