8月2009

吉凶

2009年8月31日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 黒い猫が目の前を横切ると不吉と言いますが、黒い蛇はどうなんでしょうか。先日、目の前を横切られたんです。俗に、見たまんま、カラス蛇と言うそうですが、どの蛇にも突然変異でいるようです。
 白猫、黒猫、黒蛇と続けば、次は白蛇でしょう。実際、居そうな場所はあるんですが。(U)

稲刈り

2009年8月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

早朝から文庫裏の田んぼで稲刈りが行なわれていました。生物の観察によく行く田んぼです。稲刈り風景の撮影をお願いした時には、すでに稲刈りは終わっていました。大きなコンバインで刈り取った籾米が、トラックに乗っている大きな袋をいっぱいにしていました。

春の田植えの時期から農家の人達が、手間ひまかけて育ててきた稲作の恵みを見ることができました。今年もおいしいお米が食べられそうでうれしいかぎりです。(T)

実りの秋

2009年8月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

長雨にたたられても稲穂は黄金色になって来ました。文庫の周りは水田地帯。もうすぐ刈取りが始まります。澄み切った青空、飛び交う赤とんぼ、秋の気配が感じられます。実りの多いことを祈ります。(M)

穴掘る蜂

2009年8月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

田んぼでは稲刈りがはじまりました。コオロギの鳴く声も聞こえはじめています。

庭で面白い昆虫を発見しました。苗木のような柿の木の根元に蜂が穴を掘っていました。穴から土を何度も何度も運び出す作業をしています。いつものようにものの本で調べてみると、ジガバチ(似我蜂)という仲間の蜂だそうです。この種類の蜂は「狩り」をすることで知られています。

食料にする生きた獲物に毒針で毒を注入し、行動不能にさせるそうです。生かしておくのは腐らないようにするためで、その後、巣(幼虫室と呼ぶ)を作って獲物を運び入れ、卵を一つ産みつけるのだそうです。

ジガバチの名はその羽音に由来し、虫をつかまえて穴に埋め、似我似我(じがじが、我に似よ)と言っているとの伝承に基づくそうです。このように唱えると、埋めた虫がハチの姿になるといういわれからだそうです。(T)

秋の訪れ

2009年8月27日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 心地よい風が吹くようになりました。文庫のあちこちでも秋の訪れを目にします。ヤブランでしょうか、小川の岸辺に可憐な紫の花が咲いてます。車の窓には緑鮮やかなクダマキモドキ(キリギリスの仲間です)が、名前のようにクダを巻きそうな目つきでとまってます。
 これからはいろいろ楽しめる季節の到来です。あれもそろそろ飲み頃です。(U)

新刊図書のご紹介『算数病院事件』5年3組事件シリーズ

2009年8月26日

一滴徒然草画像

『算数病院事件』(09年8月10日刊)を版元の新日本出版社よりご寄贈いただきました。

「みんなが算数のできる子に」と、とも子先生が発明した算数病院でした。しかし、いばって教える「医者」の服部くんに腹を立てた鉄二は、服部くんをつきとばし、ケガをさせてしまった。この事件をきっかけに、子どもたちは算数病院の「あたらしいきまり」を作るが――。

子どもたちの日常がいきいきと描かれています。

本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひご一読下さい。(T)

初舞台にワクワク

2009年8月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

若州人形座公演まで一ヶ月を切りました。先日は公演のとっておきの情報を耳にしました。天満屋の遊女お初と醤油屋の手代徳兵衛の人形は新作を使われるとのこと。そのお顔をちょっとだけ見せて頂きました。どのような芝居になるのか今からワクワクしますね。(M)

ヒグラシ

2009年8月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

脱皮したてのヒグラシが飛べないでいるところを捕まえて写してみました。

ヒグラシ(日暮)は俳句では秋の季語に使われているぐらいだから、夏の終わりに鳴き始める蝉と決めつけていましたが違うようす。物の本で調べてみると、六月下旬から現れはじめて九月の中旬頃まで鳴き声を聞くことができると書かれていました。アブラゼミやニイニイゼミと出現する時期はさほど変わらないようです。

「キキキキキ…」「ケケケケケ…」「カナカナカナ…」などと聞こえてくるのがヒグラシだそうです。(T)

夕子も訪ねて-たった一人のキャラバン隊-

2009年8月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 秋の竹人形公演「曾根崎心中」まで1ヶ月を切りました。少しでも多くに方々に知ってもらいたく、チラシを持って丹後半島へPRに行ってきました。
 訪れた先々で、「いいよ。ご苦労さん。」と皆さん気持ちよく受けていただきました。しかも、文庫へ来られて水上勉をよくご存知の方から、「五番町夕霧楼」の夕子の生まれ故郷伊根町津母に、映画化されたときの記念碑があるとお聞きし、せっかくなので見に行きましたが、残念ながら見つけることができませんでした。地元の方によると、当時の百日紅の木が枯れてしまってはっきりわからなくなったそうです。でも、確かにあるはずだとのことなので、じっくり時間を取って探してみたいと思います。満開の百日紅がきれいでした。(U)
 写真左が津母の集落です。このあたりにあるはずなんですが。
 写真右は経ヶ岬へ通じる蒲入という集落です。水上勉氏も訪れています。

座布団干し

2009年8月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

くるま椅子劇場の座布団を干しました。ようやく夏の陽射しになった過日、劇場に通じる建物の屋根に干しました。
まるで焼きたてのパンのようにふっくらした座布団は秋の人形座公演で皆様にお目にかかります。(M)