7月2009

キノコ

2009年7月31日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

蒸し暑い日が続いています。小雨が降ったり止んだりのジメジメした気候と文庫の庭は、キノコにとって絶好の繁殖環境のようで、庭のあちこちの木々の根元近くに、普段見かけなかったカラフルなキノコや大きな傘を持ったキノコが突然出現して驚かされます。キノコの生長はとても早いようですね。

庭で色々なキノコを発見するのが楽しみとなっています。(T)

連日の登場ですが。

2009年7月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

今日も雨が降ったり止んだりの一日でした。梅雨景色の中、セミは寸暇を惜しんで庭を飛び回っています。木に止まりました。どこにいるのか見つけて下さい。(M)

梅雨休み

2009年7月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 お久しぶりのお日様です。今頃梅雨の中休みでしょうか、ムシムシする一日でした。竹人形館の除湿器の水も2回捨てました。水はもちろん草木の根元にかけてやりましたが。この天気、いらぬことで悩みます。どちらが先に出てきたのでしょうか。(U)

椿油を作りましょう

2009年7月27日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

 梅雨が明けそうにありません。おかげで椿の実がリンゴみたいに赤く大きくなりました。割れて種が見えているのもあります。残念ながら椿の実は、煮ても焼いても漬けても食えませんが、椿油というすばらしいものが採れるんです。家庭でも実を干して、釜で炒って、水で煮て、浮いた油を濾して採ることができるそうなので、この秋チャレンジしてみましょう。梅や杏ばかりでなく、自然の恵みは大切に使わなければ。
 売り出し中の希少なわかさ椿をゲットしました。これで30mlです。(U)

かわそ祭(水無月祭)

2009年7月26日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

昨日と今日、おおい町本郷地区の水無月祭が行なわれました。残念ながら、今年はあの大きくて立派な神輿が運ばれる姿を撮影することができませんでした。神輿は昨日、青戸大橋のたもとで一夜を明かしました。今日は朝の9時からハッピを着た青年義団の人達によって町を練り歩いたようですが、朝から大雨。残念ながら幟しか見ることができませんでした。それでもおおい町の海辺の夏を感じることができました。

ことしの夏も水辺の人々に幸がありますように。(T)

秋の人形座公演予約受付開始

2009年7月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

お待ちかねの秋の人形座公演「曽根崎心中」。観劇予約の受け付けを始めました。一足でも早くお客様にお知らせしたくHPに詳細が載せてございます。お電話、FAXどちらも結構でございます。お早めにお申し込み下さいませ。(M)

紙芝居

2009年7月24日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

 夏休みに入り、子供たちはますます元気いっぱい。 飛び出す紙芝居に興味津々です。見るもの、聞くものすべてそのまま楽しんでくれています。お話しが終われば、今度は小道具に興味津々です。ここまで楽しんでくれると役者冥利?につきますね。
 次回のお話はどんなやら。楽しみに待っててください。(U)

コガネグモ(コガネグモ科)

2009年7月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

この時期、庭のあちこちにコガネグモの巣が張り巡らされていて目につきます。腹部に黄色と黒の太い縞模様がある大きなコガネグモは、飛び交う昆虫を腹いっぱい捕食して丸々と肥っていました。これだけ栄養を蓄えた体で夏の終わりに卵のうを1、2個作り、子どもの蜘蛛が数千匹も孵るそうですが、越冬できなかったり天敵に食べられたりして大きくなれるのは数匹のようです。

水上勉先生の書かれた作品には、『蜘蛛の村にて』、『蜘蛛飼い』、『女郎蜘蛛』など、「蜘蛛」という言葉の入ったタイトルの短編がいくつかあります。

水上先生も庭のこんなコガネグモを見て作品を書かれたのかもしれませんね。(T)

竹紙が出来上がりました。

2009年7月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今日は皆既日食が見れるかと天文ファンは空を見上げていたことと思います。一滴文庫ではあいにくの空模様でした。皆さんはいかがでしたか。文庫では先日の竹紙体験の竹紙が乾きボランティァ塾の方に取りに来て頂きました。(M)

稲穂

2009年7月20日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 梅雨空の下、草木は伸びてほしくないですが、これは別です。稲穂が早くも芽を出しました。小さな白い花が咲いてます。あと一ヶ月もすれば、黄金色の実りとなりますが、実りがよくて首を下げすぎないかと心配です。(U)