4月2009

櫓(やぐら)

2009年4月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

先日、おおい町岡田地区の公民館の床下にしまい込まれていた、櫓(やぐら)が見つかったと連絡がありました。この櫓とは、村のお祭りのときに、高く組まれた台のことです。その上で太鼓を鳴らしたり、これを中心に円を描いて踊ったりするためのもので、大工だった水上勉先生の父、覚治さんが作られたものだそうです。

組み立てる前のしっかりとした角材には、寸法を計った墨の跡などが残っており、まだまだ十分に使えそうでした。教えて下さった区長さんを交えて、村の人々は腕のいい大工だった水上先生のお父さんの思い出話に花を咲かせていました。(T)

何の木じゃ

2009年4月27日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 ひと雨ごとに山の緑が鮮やかになります。
 葉っぱ一つもつけず、枯れ木のようだったヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)も緑の若葉に包まれ、その先に花芽を付けました。お天気がよくなれば、5月の連休には咲いてくれそうです。雪がかぶったように真っ白にはなりませんが、小さな白い花をつけた姿はなかなか見事です。(U)

ツツジの開花

2009年4月26日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今朝方は一時バケツをひっくり返したような土砂降りの雨でした。午後からも小雨の降るお天気となりました。

最近は庭の植物たちが青々としてきました。田植え間近の田んぼからは、カエルの鳴き声も聞こえてきます。早いところでは田植えも始まっているそうです。

庭のツツジが開花時期のようで、いっぱい紫色の蕾をつけています。日当たりのよい場所のツツジはすでに開花しており、どこかマラソンでフライングしたランナーのように思えます。(T)

実つけました

2009年4月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 先週の暖かさに惑わされず、よくぞ仕舞わず残しておいてくれました。石油ストーブの炎が有難い一日でした。
 この寒さに、文庫の木々の緑があざやかになったよう思いますが、その緑の中にうれしいものを見つけました。珍しくアンズの実が鈴なりです。このままいけば、秋にはおいしいものが作れそうです。先の長い話とお思いでしょうが、楽しみは長い方がいいんです。(U)

写生会(大飯中学校一年生)

2009年4月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

今朝方はあいにくの雨模様でしたが、午後からは雨も上がり、予定どおり大飯中学校の1年生66名の皆さんが、文庫を写生しに現れました。大飯中学校は一滴文庫の隣にあり、文字どおりの「お隣さん」です。毎日元気いっぱいの校内放送が聞こえてきます。そんな生徒さん達が、本館の展示資料を興味深そうに見学したり、真剣な眼差しで文庫内の景色を写生したりしていました。

「佐分利川辺の子らに」と水上勉先生が開館した一滴文庫です。また気軽にお越しくださいね。(T)

ウワミズザクラ

2009年4月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 文庫では最後となる桜が咲きました。ウワミズザクラです。見慣れた桜とは似ても似つかぬ姿ですが、サクラ属のお仲間です。
 このサクラ、昔、宮中で占いのときに溝を彫って使ったことから「上溝桜」と呼ばれており、天皇の即位に用い大変珍重されたありがたい桜の木なんだそうです。でも、庶民にしてみれば、この実を漬けてできる果実酒のほうがとってもありがたいです。熟した実は美味です。(U)

カスミザクラ

2009年4月20日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 カスミザクラ(と思いますが)が今年も満開となりました。うっかりすると見落としてしまうほど大きく育った桜の木です。木の大きさに似合わず、白く小さな花が葉っぱと一緒に咲いています。遠くから見ると、そこだけ霞がかかったように白っぽく見えます。
 文庫の桜は、まだまだ続きます。(U)

尾内のさんまい桜

2009年4月19日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

水上先生の随想集『在所の桜』(1991年立風書房)の中に『村の桜』という一文があります。「尾内のさんまい桜」が脳裏に浮かんだことが書かれています。おおい町尾内地区の墓地は、当時土葬でした。さんまいは山の斜面にあり、粗末な石の墓石と花が供えられているだけです。その脇には、美しい桜の木が満開になっていました。地中に埋められた仏さんのことを考えると、美しい桜の花はご先祖さまが咲かせているように思えました。(写真の桜は今、葉桜です)(T)

ハルニレの木

2009年4月18日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

本館の前にあるハルニレの木は、その根を360度、まるで人間の静脈のように広く伸ばしています。枝が伸びて歩いている顔に触れる程になったので、その枝を切ってもらいました。とても勢いのある樹木なのですぐに元のようになると思いますが、今夏は少し日陰げが小さくなるかも知れません。(M)

葉桜に

2009年4月17日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

先日、来月の23日(土)24日(日)に一滴文庫くるま椅子劇場で行なわれる若州人形座公演「五番町夕霧楼」のポスターとチラシを旧おおい地区に手配りして来ました。

ここ数日間、雨風の日が続き、楽しみにしていた桜が、花びらをいっぱい散らせてしまいました。大島地区の道路わきに続く美しい桜並木は、黒いアスファルトの道を桜の花びらがピンク色に染め、なんだかとてももったいない気がしました。花見の時期もそろそろ終わり。花の散ったあとには、緑色の新芽がいっぱい顔を出し、これから来る夏の準備を始めています。(T)