3月2009

あなたはだあれ

2009年3月30日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 青空に向かって花開こうとしている毛むくじゃらの蕾。枝の先端に数個、似たような蕾があるだけで、他には葉っぱもありません。葉っぱだけの木かと思っていましたが、今年は花を咲かせるような気配です。
 木には、オオヤマレンゲと名札が付いていますが、白い大きな花が開くのでしょうか.乞う、ご期待。(U)

菜の花

2009年3月29日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

佐分利川辺に咲いていた黄色い菜の花がとてもきれいで写してきました。通勤途中にある「若州一滴文庫」の看板がいつもススキや雑草で見えにくくなり、気にかかっていたところですが、心ある方が菜の花を植えてくださったようです。看板の下あたりが特に美しく、目印としても最適で、嬉しいかぎりです。

今朝は遠方からお越しくださったお客様の乗用車が目立ちました。高速道路ETC利用者の割引が始まり、その効果が表れだしたようです。(T)

凛として

2009年3月28日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 花冷えの朝でしたが、今年度4回目の『飛び出す紙芝居』は、大人と子どもがそれぞれ半々くらいで、当初のねらいどおり、親子そろって楽しんでいただけたようです。
 お帰りの頃には陽射しもあたたかく、色とりどりの花があふれる庭園を散策するご家族もありました。

 若州一滴文庫の印象を、ある方は「簡素だが凛として」、またある方は「静謐なこころ癒される空間」と書いてくださっています。ほんとうに一滴文庫にふさわしい素敵な表現だと、たいへん気に入っています。
 いつまでも、この空気が漂っていてほしいと切に願うものです。(N)

新刊図書のご紹介『山からの伝言』

2009年3月27日

一滴徒然草画像

『山からの伝言』(09年3月20日刊)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
東京では、東京タワーが完成し、テレビが流行り始めた1959年(昭和34年)頃の話で、まだラジオが唯一の情報源でした。水口集落は、電灯の灯ったのが遅く県境の山ふところを深く入り込んだ上平集落という集落からさらに山道を十キロもわけいらなければならない世間とは隔絶された所にありました。リヤカーすら通れない小道があるだけの集落には、水田もありませんでした。水口集落の唯一の分校は、一年生から三年生までの低学年と四年生から六年生までの高学年の2クラスだけの複式学級でしたが、みんな仲良しでした。低学年をうけもっていた宮本さやか先生はまだ若く、なりたてでしたが、水口集落の子供たちと馴染んでいきます。そんな水口分校を巣立っていく子供たちが、水口集落を良くしようと奮闘する姿が描かれていました。

『山からの伝言』は本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひごらんください。(T)

春雪

2009年3月26日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 文庫の屋根もうっすらと雪化粧。この時期の雪はなんだか楽しくはありませんか。咲き始めた淡いピンクの桜の花に舞う白い雪、滅多にお目にかかれるものではありません。得した気分です。
 でも、コブシの花にしてみれば、目立たなくなり、いい迷惑のようです。上を向いて咲きかけた蕾が、首をもたげたような気がします。今年は豊作でしょうか。(U)

春になったなぁ

2009年3月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 六角堂の窓越しに文庫の庭園を眺めると、白やピンク、黄色などなど春の花が一杯に咲き乱れ、これにシダレザクラが加わると、まさに春爛漫の風情となりそうです。
 春分の日も過ぎてから、「(とうとう)春になったなぁ」と、“ほんとうの春を感じさせてくれる花”がありますね。たとえば、ユキヤナギ、コブシ、スミレ、もちろん満開のサクラもそうですが、その一つに「ミツバツツジ」があります。
 一滴文庫の駐車場にお入りになったら、ちょっと目を山すそに向けてください。常緑針葉樹の濃い緑の中に、ミツバツツジのうす紫が鮮やかです。※(N)

 ※ 今は(写真左)まだ葉が出た状態です。これから四月にかけて咲き始め、今月末ごろが見ごろと思われます。

土筆(シダ植物 トクサ科)

2009年3月23日

一滴徒然草画像

今日は、気温が低めで時々陽射しのある曇り空の一日となりました。

日課の室内温度調べをしていると、気温が日ごとに上昇してきていて、暖かくなってきているのを数値で感じます。
文庫の庭は、春の花が色々咲きはじめ、黄色や赤やピンクとにぎやかでとてもきれいです。地面には、背の低い土筆がパラパラと生えているのを発見しました。文庫の向かいの田んぼまで足を伸ばすと、土手にいっぱい生えてきています。どっちを向いても春を感じる季節に入りました。(T)

若狭西街道

2009年3月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

 若狭西街道(高浜~小浜)が全線開通しました。昨日の14時から、最後に残っていた区間の供用が開始され、早速走ってきました。もちろん、車でです。
 国道27号線と平行して、一段高い山側を通っているわけですが、山間から眺める小浜湾の風景は、目線が変わって新鮮に感じます。桜の花も歓迎してくれてるようでした。
 信号も少なく、快適な道ですが、あくまでも、この道は「広域農道」です。山の中の道です。猿も鹿も通ります。すっ飛ばす方は国道へお回りください。(U)

おおい町グリーンツーリズム

2009年3月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 グリーンツーリズム(※)・・すでにおなじみの言葉と思います。おおい町でも「おおい町グリーンツーリズム推進委員会」が活動を行っています。
 今日は、お世話くださっている尾花幸次さんが、四国や東北地方のグリーンツーリズムにかかわる方々を一滴文庫に案内してくださいました。駐車場には、近畿圏はもとより愛媛や高知などのナンバーの車が集まり、久々に駐車場らしい(?)景観が見られました。(N)

 ※ 農村や漁村での長期滞在型休暇。都市住民が農家などにホームステイして農作業を体験したり、その地域の歴史や自然に親しむ余暇活動。

渡辺淳『故郷』原画展

2009年3月20日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

先日、舞鶴市の喫茶店「森のとけい」で行なわれている、『故郷』原画展を観に行ってきました。水上勉先生の小説『故郷』に渡辺淳先生が描かれた装幀原画が展示されています。国道脇の小さな三角屋根が特徴的なおしゃれなお店でした。2階への細い階段を上ると、日本家屋風の部屋に『故郷』の原画や新聞連載資料、「ランプの唄」、「家族」と言ったタイトルの絵が飾られていました。

この原画展は2月28日(土)から開催されていましたが、3月22日(日)で終わります。あと2日間しかありませんので、興味のある方はお急ぎください。

なお「森のとけい」の住所は舞鶴市上安923、電話番号は0773-76-1153。火曜日定休です。