1月2009

月曜日はうまし

2009年1月19日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 霧に包まれ真っ白けの朝となりました。10時になっても文庫は霧で霞んでいました。
 こんな日は、毎週月曜日のお楽しみを待つしかありません。たくさんのおいしい手作りパンを届けてもらっています。選びに選んで手に入れていたパンを見せてもらいましたが、おいしいものは当然独り占めとなるんでしょうね。
 お勧めはコロッケパンと黒糖ベーグルと購入者の談ですが、私のお勧めは食パンです。
 一週間が待ち遠しいです。(U)

越前海岸

2009年1月18日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

先日福井市からの帰りに、水上勉先生が書かれた小説『水仙』の舞台、越前海岸を通ってきました。新聞やテレビで報道されていましたが、水仙祭りが開かれており、海岸線の曲がりくねった道には越前水仙の販売所があちこちに並び、観光客の車でいっぱいとなっていました。

1月の越前海岸の荒れ狂う波と、切り立った岩肌から水仙がびっしりと花を咲かせているのを見て、あらためて強い花だなと思いました。暗くなり始めたころ、越前河野地区を通った時の民宿や越前蟹などを販売する魚屋さんの赤い照明が印象的で、脳裏に残りました。真っ暗な海には漁り火が見えました。(T)

雪の朝

2009年1月17日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

 1月15日の一滴徒然草に、舞台裏竹林の竹の受難を書いたところ、早速、翌16日に、福岡のIさんから、心配なさっておられる旨のメールが届きました。
 気に掛けてくださり、ほんとうに有難いかぎりです。じつは、「雪はもういやだ」と半ば落ち込んでいたところでした。
 ・・・が、一転、晴れ渡った翌朝、文庫への通勤途上の佐分利川辺(写真:左)、ほどなく着いた一滴文庫の駐車場(中)、そして一歩中へ入ると、ご覧のような別世界(右)が迎えてくれました。「苦あれば楽あり」(少し違うかな?)(N)

難?天

2009年1月16日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

 今日はピーカンの空の下、一面の銀世界が広がりました。
 人も植物も寒さに凍える中、小鳥たちは元気に飛び回っていますが、災難なのは南天です。赤い実がほとんどなくなってしまいました。犯人らしき奴は、写真にとらえましたが、こんな硬い実おいしいのでしょうか。南天はのどの薬になりますから、声にはいいのでしょう。(U)

しなやかな竹

2009年1月15日

一滴徒然草画像

 美しいフォルムをねらった芸術写真のつもりはありません。雪の重さに、くるま椅子劇場の舞台裏の竹林の竹が、悲鳴を上げているのがお分かりですか?残念なことに、何本かの竹は耐え切れずに折れてしまいました。
 それにしても、しなやかな竹は、やはり美しいと言うべきでしょう。(N)

足跡

2009年1月14日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 冬の晴天の朝、放射冷却で凍った道路を恐る恐る出勤です。庭の園路の雪も凍てついて、小さな足跡がくっきり残っていました。その足跡は律儀にも園路に沿って続いていました。無断入館は困りますが、その律儀さに免じて大目に見ますか。
 明日もまた雪ダルマですが、マンサクの花が背伸びをしかけていました。この冬はやっぱり気温が高いのでしょうか。(U)

冬の寒さ

2009年1月12日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今朝はとても寒く、白く凍った車のフロントガラスに水をかけて出て来ました。通勤途中では、カチカチに凍った路面にハンドルをとられたのか、車が一台側溝に落ちていました。文庫では、竹薮の竹が5、6本、昨日降り積もった雪の重さに耐えきれず、折れていました。
天気予報で連日の雪だるま模様を見ると、雪対策で頭を悩ます時期がまた来たな、と覚悟も新たです。(T)

こんな朝のひと仕事

2009年1月11日

一滴徒然草画像

 天気予報どおりの雪景色の朝となりました。道路と駐車場はきれいに除雪していただきましたが、文庫内はスコップ片手に雪かきです。おかげ様で、木々と同様に湿った重たい雪が腰にきました。庭の花木を心配しているどろこではありません。
 晴れの天気も今日一日。明日からまた雪ダルマが並んでいます。(U)

雪に椿はよく似合う?

2009年1月10日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 せっかくの三連休の初日だというのに、全国的に雪ダルマのマークの多い天気予報図です。
 文庫でも、昼前から降り始めた雪に、午後には一面の雪景色となりました。
 一滴文庫へ出向くにはあいにくの天気だとお思いでしょうが、ご覧のような趣のある風情を楽しむことができます。(N)

越冬の餌

2009年1月9日

一滴徒然草画像

昨日の朝は非常に寒く、車のフロントガラスに霜が降りて、水をかけなくてはならないほどでしたが、今朝方は温かく、地球温暖化の影響を想像してしまいました。

天気予報では明日から天気が崩れて、雪になるそうです。温かな今日は、嵐の前の静けさのようです。

お正月前に沢山食べた柿の木の実は豊作で鈴なりでしたが、今ではまばらで実はグジュグジュです。小鳥達の越冬の餌となっています。ついばまれた跡で柿がいびつな形となっていました。

雪の積もる寒い冬は嫌ですが、暖かい雪のない冬も考えものです。(T)