最後の一葉

2008年12月6日

一滴徒然草画像

 昨夜から急に冷え込み、今朝は、小雪がちらつく師走本来の空模様となりました。
 数日前まで、今年のモミジは例年になく紅くてきれいだなどとはしゃいでいたのがウソのように、木々の枝にはもう殆ど葉がなくなりました。
 くるま椅子劇場の玄関ホールの窓ガラス越しに見える一本に、最後の一葉が紅く鮮やかな色彩の名残りをとどめていました(12月4日)が、その一葉も、今は、もうありません。
 感傷に浸る暇も無く、現世(の師走のあわただしさ)に引き戻されました。(N)