冬の晴れ間に-その2-

2008年2月25日

 雪だよりばかりで少々うんざりのことと思いますので、今日はひと時の春を楽しんでいただきましょう。
 雪解けのあと、ひょっこりと土筆が顔を出していました。アシビやマンサクやウメの木の花は、早々に花を咲かせましたが、土の中でもようやく春を感じてきたみたいです。
 青空の下、鳥も木の枝で何を思うのでしょうか。
 この青空も今日限り、明日からまた冬の空に戻るようです。(U)