雪の風情に

2008年2月9日

 昨日の徒然日記でお分かりのとおり、一滴文庫の雪の季節は、「竹に雪もいいもんだねぇ」などと粋がってはおれません。スタッフの努力の甲斐なく、二、三本の竹は痛手を受けたようです。
 降り始めの頃は、なんとなくはしゃいで、「これが本当の雪ヤナギ」(写真・左)などと洒落ていたことを反省しております。
 とはいえ、六角堂の囲炉裏端では、竹筒に活けられた馬酔木(あしび=春の花ですね)の花のほのかなピンクに温かさを感じます。(N)