ビワ

2019年5月25日

 午後5時、事務所の温度計は32度を指していますが、慣れというのは怖いものですね。「暑いですね、ここ」と言われても、同調はできませんでした。そういえば汗が出ていない。今年は庭のビワがたくさん実っています。黄色くなるのを見ることはありませんので、口にほおばるところを想像し、食べた気分で水分補給としましょうか。このビワ、黄色い実が残ったとしても、残念ながら、勝手には手が届かなくなりました。(u)

気持ちの良いひととき

2019年5月24日

 本日、久しぶりに(?)萱葺館の雨戸を開けて空気の入れ替えと簡単なお掃除を行いました。しかし、さすが茅葺の建物! 何とも涼しくて、窓を開けていると、気持ちの良い風が真新しい畳のイグサの香りと相まって、小生を夢の世界へ‥‥‥、はっ、いけません、いけません。危うく気を失うところでした(笑)。(S)

ムシできません。

2019年5月23日

 自然豊かな一滴文庫とくれば、当然、そこには虫も集まります。それが室内にとなると、相当困ります。昔々は電気を消すと真っ暗でよかったんでしょうが、今はそういうわけにはいきません。何せたくさん人が集まる建物ですので、点けておかなければならない灯りもあります。入るものを拒むことはままならず、どうしたものかと、思案の毎日です。(u)

水上勉生誕百年記念展

2019年5月22日

 本日より、水上勉先生の生誕百年の本展示がスタートしました。今日は一日、ゆっくりと昨日つくりあげた展示を確認しつつ、不備や不足を正していこう! と考えておりましたが、朝から閉館間際まで息つく暇もないほどのお客様に恵まれて、アップアップな一日になってしまいました。ろくに展示の確認もできないと思いきや、合間合間におこなった展示解説で「あっ、ここは追加のキャプションが必要だ」や、「ここは説明パネルの位置を変えた方が見やすい」など気が付く点が満載でした(笑)。まぁ、今回は半年近くの長丁場です。本当は、初日から最高の展示を! と、言いたいところですが、企画者の性格の都合上、展示期間の後半までには最高の状態に! と、甘えた考えが頭をもたげてしまう今日この頃の日常のヒトコマです。(S)

満員御礼

2019年5月20日

 竹人形公演まで1ヵ月を切りました。おかげさまで、両日とも満員御礼と、うれしい限りです。今年も楽しんでいただけることと思います。(u)

ご用心

2019年5月19日

 風の強い一日でした。色々なものが飛んでいくのが目に入りました。

 いつも一滴に出入りしているとある業者さん、こんなに風が強い日でも嫌な顔ひとつせずに一滴に顔を出してくれます。と、いつものように受付に顔を出し「お願いします」と元気な一言。作業で必要なタブレットを受付のカウンターに置き、業務に励んでいると‥‥‥ピューっと大風! 伝票が風に舞ってはるかかなたまで。小生も必死に追いかけ、何とか二枚だけ確保してもどると、さっきまでの元気はどこへやら。口から出てくる言葉は「やばい、どうしよう」ばかりです。いやいや、大切な伝票は、ちゃんと確保しましたよ(といっても、控えだけはどこにいったかわかりませんでしたが)とお渡しすると、横に置いているタブレットの画面が目に入りました。そうです、風にあおられて飛んだのは伝票だけじゃなかったようで、画面がバキバキに割れているじゃありませんか。こんな日に呼んでしまって、何だか申し訳ない気持ちになってしまいましたが、本部に戻れば予備もあると思うので‥‥‥と残して帰っていかれました。

 いつもと違う一日は、やっぱりいつもと違う用心が大切なんですね。あの業者さん、帰ってから大丈夫だっただろうか。(S)

著書ん百冊

2019年5月18日

 たまぁ~に、ほんとにたまぁ~にある水上作品の問い合わせ。「〇〇という本はそこで読めますか」ならいいのですが、「こんな話の本」とか「どこどこの場所の本」とかでは、頭の中を検索しても、検索に引っかかるはずがありません。先日あった「さいづちの話」という本の問い合わせも、「さいづち」という言葉の意味自体がわかりません。水上文学に詳しい方にお聞きしながら、これだろうと思う本に行き当たりましたが、正しかったのかどうかわかりません。まもなく、水上勉生誕100年記念展が始まります。本の海におぼれそうです。(u)

進む

2019年5月17日

 ようやく次の企画展のポスターとチラシができました。これでいよいよ、一歩ステップアップできるかと思います。そうです、次の一歩は、いよいよ水上勉生誕百年記念(展)事業です。

 ちょっと、気合を入れなおさなといけないですね。とりあえず、頑張ります。(S)

伸び盛り

2019年5月16日

 生垣の剪定が入り、文庫もすっきりしましたが、庭の除草が追いつきません。人目につかないところは伸び放題。見かねて剪定の傍ら草刈りをと、ありがたい申し出を受けましたが、さて、草刈り機は動くだろうか。動いても安全だろうかと不安ばかり。見慣れない器具に、ナイロンコードが直に結ばれ、おじさん二人「?」。丸刃にどうにか付け替えて、無事終了となりました。あとは、人の目が注がれる中庭ですが、最後の手段は、「草も花の仲間です。大切にしてやってください」。(u)

普段の素行が悪いから

2019年5月15日

 先日、ちょっとした不注意(?)から足をくじいてしまい、朝から妙な動きで仕事をしておりました。しかし、昨日のしんらん交流館での出張展示の撤収は、京都まで行っておきながら足痛で何も手伝えず‥‥‥、何をしにいったのか状態。撤収を手伝っていただいた方々‥‥‥すみませんでした。私の普段の素行の良さに免じて、許してください(笑)。(S)