一滴の本棚

図書紹介

赤ちゃんと母の火の夜

 東京大空襲直前に生まれた赤ちゃんは、13人兄弟の末っ子。その母子を、焼夷弾の炎の中、布団にくるんで運び、守りきった看護師さんたち。でもその時、12人の兄姉、家族は……。もらったひとつのおむすびを持って、ひたすら12人の子どもたちを待つ母の前に現れたのは、はたして?忘れてはいけない大空襲秘話。

著者名
作:早乙女勝元 絵:ヒロコタミ
発行年
2018年2月5日
出版社
新日本出版社

一滴の本棚トップへ戻る

このページの先頭へ