一滴の本棚

図書紹介

あかね雲

 平成30年1月読書会課題図書
 奥能登の日陰の村に生まれた二木まつの家は、病身の父親を母親が介護していた。その母親も病気になりそうに思われた。弟は村一軒きりの桶の内職人になったが、一家は窮乏していた。父親の医療費もかさむ。家族を助けるため、まつは女中や仲居となって働く。そんな彼女の前に食品会社の下請け販売人が現れる。

 次回、2月の読書会課題図書は「爪」。1960年 光文社
 湖で発見された若い女性の死体には、ピンクのマニキュアが彩られていた。長編推理小説。

著者名
水上勉
発行年
1964年
出版社
講談社

一滴の本棚トップへ戻る

このページの先頭へ