一滴の本棚

図書紹介

温かな〝さようなら〟

 葬儀の途中でなんと僧侶に着信音、でも喪主が大喜びしたわけは?親一人子一人で親の突然死、一人残された子どもにかける言葉は…。葬儀の六年後に届いた手紙、そこに書かれていたのは…。迎える死。最後の訣(わか)れを悲しいだけにしない丁寧なお見送り。好評、やさしさに包まれる葬儀にまつわる物語続編。

著者名
作:辻井康祐
発行年
2017年12月20日
出版社
新日本出版社

一滴の本棚トップへ戻る

このページの先頭へ