一滴の本棚

図書紹介

お母さんの生まれた国

 未来は、お母さんの生まれた国カンボジアへ。カンボジアでは四十年ほど前に内戦があり、家族をなくしたお母さんは、難民として日本にきたのだ。物売りの少女に幼いお母さんの姿が重なる。首都プノンペンは近代的な街に生まれ変わっていた。でも、お母さんはなつかしそうに「街のにおいは、全然かわらない」と言った―。

著者名
作:茂木ちあき 絵:君野可代子
発行年
2017年12月20日
出版社
新日本出版社

一滴の本棚トップへ戻る

このページの先頭へ