一滴の本棚

図書紹介

道の花

 平成29年度12月読書会課題図書
  丹後の成生で生まれた少女の民は、大島半島にある牛見集落で大工をしている男の元へ嫁ぐ。牛見は十二戸の漁業と農業を営む集落である。そこで民は二男二女をもうけ、経済的には豊かでないが、汁田でコメを作り、山際の畑で薬草などを栽培して、細々ではあるが幸せだと感じる生活を送っていた。ある日、村で原子力発電所建設の話が持ち上がる。

 次回、1月の読書会課題図書は「あかね雲」。
  貧しくて純粋な少女が、脱走兵と出逢う。

著者名
水上勉
発行年
1977年
出版社
新潮社

一滴の本棚トップへ戻る

このページの先頭へ