一滴の本棚

図書紹介

破鞋

平成29年10月読書会課題図書
雪門玄松(せつもんげんしょう)、和山県出身で富山県高岡国泰寺の管長をつとめ、若き日の西田幾太郎や鈴木大拙も参禅した明治時代の高僧である。しかし、国泰寺管長の座を捨てて、破天荒な生き方を選択する。いったん還俗した後、再び僧の生活に戻り、若狭高浜で乞食僧として没した。著者は雪門ゆかりの地への旅を重ねる。
次回11月の課題図書は、「禅の道紀行」
純禅の道を求めて波乱の時代を生き抜いた僧たちの足跡を辿って誌した禅紀行。

著者名
水上勉
発行年
1986年
出版社
岩波書店

一滴の本棚トップへ戻る

このページの先頭へ