一滴の本棚

図書紹介

ライオンの赤ちゃん  —しりたいな!どうぶつの赤ちゃん―

 古代にはアフリカだけでなくヨーロッパからインド北部にかけて広くくらしていたライオンが、現在はサハラ砂漠以南のアフリカとインド北部にくらすばかりで絶滅危惧種に。百獣の王といえど、生きぬくにはきびしい現実……。そんなライオンの赤ちゃんは、おかあさんやおとうさんのたくさんの愛情に包まれて、群れのなかまとともに成長していきます。大迫力の美しい写真で物語る絵本。

著者名
文:さえぐさひろこ 写真:井上冬彦
発行年
2016年12月15日
出版社
新日本出版社

一滴の本棚トップへ戻る

このページの先頭へ